不妊とEDについて

EDというのは男性が勃起しないことをいい、インポテンツといわれていました。40代では20パーセント、50代では40パーセントと、年齢とともにその割合も高くなり、珍しい病気ではないのです。EDは機能性障害の中のひとつですが、その中でも70パーセントを占めるといわれています。

EDの原因は男性側の心の問題が大きく影響していて、妊娠のために義務的な性交や、ムードのない性交、過去の失敗などのトラウマなどがあるようです。妊娠したいと思うと、排卵日の近くに性交をすることで妊娠しやすくなるので、排卵日だから性交をするというような繰り返しによって性欲が減退してしまうことも考えられるのです。そうなってしまうと、がんばろうと思ってもなかなかうまくいかなくなってしまいます。そんなときに女性側が性交を迫ることで、さらにプレッシャーを感じてしまい、性交を苦痛に感じてしまうこともあるようです。

EDの治療は、まずカウンセリングを行い、男性に自信をつけさせます。また、時間をかけて愛撫する方法も効果的です。ただ、気持ちが乗らない場合には、無理に続けないほうがいいようです。EDではないけれど、妊娠の事ばかりを考えて少し義務的になっているかと感じているときには、女性側のペッテイングだけで射精させる方法も行なってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする