原因不明不妊と機能性不妊

不妊症かもしれないと思って病院を受診し、基本的な検査を行っても不妊の原因が見当たらないことを、原因不明不妊、または機能性不妊といいます。不妊症に悩んでいる人の10から35パーセントはこの原因不明不妊といわれていますが、病院によって不妊の基本検査に違いがあり、腹腔鏡検査などを含む精密検査を行うことで、原因不明不妊は10パーセント以下になるのではとも、いわれています。

原因不明不妊と機能性不妊は同じものとされてきましたが、最近では区別する病院もあるようです。基本的な不妊検査で原因が見当たらなかった場合に、機能性不妊といい、そこからさらに精密検査をしても異常が見つからなかった場合、原因不明不妊となるようです。原因不明不妊と診断されると、次の不妊治療のステップになかなか踏み出せないものです。原因不明不妊は治療を行なわなくても3年以内に60パーセントが妊娠できるといわれているからということも関係しているかもしれません。しかし、原因が見つからなくても、隠れた不妊原因があることがほとんどなので、不妊治療を行なわない周期あたりの妊娠率は3パーセントと低くなっています。

原因不明不妊の原因といわれているのは、着床障害、黄体期異常、子宮内膜の異常、子宮内膜症黄体化未破裂卵胞、卵管因子、抗透明帯抗体、染色体異常などがあるといわれています。原因不明不妊症の検査のひとつである腹腔鏡検査は、原因を突き止めるだけではなく、骨盤内の清浄などを行なうことが不妊の改善につながることがあるようです。治療的な意味合いも含まれているので、原因不明不妊と診断された人は、腹腔鏡検査をすることが転機になる場合があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする