頸管性不妊とは

膣内に射精された精子。卵子に合うために泳いで行き、一番に通過するところが、子宮頚管といいます。子宮の入り口である子宮頚管は膣と子宮腔を結ぶ部分で、細くなっています。排卵期にでるおりものと呼ばれる粘液は、頸管粘液ともいわれ、子宮頚管から分泌されるのです。通常のおりものは膣や子宮体部から分泌されていて、頸管粘液とは少し違いがあります。卵巣内で卵胞が育つと頸管粘液が分泌され始めます。排卵直前の頸管粘液は、卵白のように年度が少なく糸を引く粘液となります。この頸管粘液はアルカリ性で、精子の運動を促進してくれるため、受精能力がアップするのです。子宮頚管や頸管粘液に障害がある場合、頸管性不妊といいます。頸管性不妊はエストロゲンの分泌が少なかったり、子宮頚管が反応しないことなどが原因といわれていますが、クラミジアに感染することで子宮頚管に炎症を起こし、頸管粘液の質を悪化させている場合もあります。

頸管性不妊の治療には、クラミジアなどが存在して炎症を越している場合、抗生物質で子宮頚管炎を治療します。頸管粘液の改善にはエストロゲンを増やすために、プレマリンといわれる薬を服用したり、エストラダームという貼り薬を使用する方法と、卵胞をたくさん成長することで治療する方法もあります。人工授精は、精子を子宮内に挿入するので、頸管粘液に障害があっても妊娠は可能です。どの方法を行なうかは、医師やパートナーと相談しながら進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする