産婦人科、内診の心構え

産婦人科は妊娠して初めて受診する人が多いもの。もしかしたら不妊症かもしれないと思って受診するのには少し勇気が必要な場合もあります。また、内診を行うことにも抵抗があるかもしれませんね。内診台に上って検査を受けることが恥ずかしかったり嫌だと感じる人も多いものです。、ただ、不妊の原因を見つけ改善するためにも必要な検査です、内診の目的や心構えを知り、嫌悪感や恐怖心を少しでも和らげましょう。

内診では、膣感染症や炎症、びらん、おりもの状態、子宮の状態などをみることができます。外からでは見えない検査を行うことで、不妊の原因が見つかることもあります。産婦人科の内診台は、上半身が上がるのと同時に下半身も持ち上げられます。その体制に羞恥心や嫌悪感を感じてしまい、何度経験してもなれないという人もいます。下半身を持ち上げることで内診をしやすくしているのです。ただ、お腹のところでカーテンがひかれていて、医師と直接顔を合わさないような配慮もされています。内診前に準備したいことは、まずはトイレを済ませておくこと。内診を受けることで尿意を感じる人もいるようなので、先に済ませておくことがオススメです。また、内診台にあがるときにはショーツを脱ぐので、脱ぎ着しやすい服装を選びましょう。スカートだと捲り上げるだけでいいので、便利ですし、恥ずかしさも半減するかもしれません。内診では痛みを感じることはほとんどありませんが、症状や検査などによっては出血がある場合も有るので、ナプキンを持参していくと安心です。

内診は妊娠をしてからも避けることができないものです。少しでもリラックスして内診をできるようにできるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする