採卵について

体外受精を行なうとき、精子と卵子を体外に取り出し、受精させてから体内に戻します。この時の卵子を取り出すことを採卵といいます。卵子は卵胞の卵胞液の中にあるので、卵胞に針を刺し、卵胞液を吸引することで、卵子を取り出します。採卵に使われる針は、少し前に比べると細く、体への負担が少なくなりました。体の傷が小さくなったので、採卵時の出血が減少しました。採卵針は医師の使いやすいように工夫されていて、各院によっても違いがあるようです。麻酔を使用するかどうかも病院によっても違ってきますし、治療方法によっても違います。全身麻酔で行なう病院や局部麻酔を使用する病院、無麻酔で採卵を行なうところもあるので、採卵をする前に確認しておくといいでしょう。というのも、全身麻酔は体への負担が大きく、採卵後安静にしておく時間が長く必要となります。局部麻酔などにくらべてリスクも高いので、麻酔の有無については確認することをオススメします。

無麻酔で採卵しても痛みを感じない人もいれば、痛みを感じるという人もいます。使用する採卵針や医師の技術や痛みの感じ方などでも違ってくるので、必ずしも無麻酔がいいとは一概に言いきれないようです。採卵をすることのリスクは、全身麻酔のほかに、出血があります。組織に針を刺すので出血をすることもあります。採卵後は少しの間安静にし、出血をしていないか、心拍や血圧、痛みなどを確認し、問題がなければ帰宅となりますが、出血が多い場合には、入院をする必要があります。全くリスクがない方法ではないので、医師の説明をしっかりと聞くことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする