妊娠判定の仕方

体外受精は、卵子と精子を取り出し、受精させて胚の状態にしてから、移植します。胚を移植後に妊娠判定を行なうのですが、妊娠判定にも2種類の方法があります。

1つは尿検査です。妊娠することにより、尿中のHCGというホルモンが増加します。HCGはヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンで、胎盤に赤ちゃんを守るための銃網が発達することでヒト絨毛性ゴナドトロピンがでるのです。そのホルモン値を測定することで妊娠成立がわかるのです。これは市販の妊娠検査薬と同じ検査方法です。尿検査は妊娠が成立してもある程度日数が経過しないと判定がむずかしいもの。、検査が早すぎると、妊娠していても陰性になることがあります。

もうひとつの方法は、血液検査です。血液検査も尿検査と同じく、HCGのホルモン値で測定を行ないます。血液検査は尿検査より早く正確な結果が出るので、病院での妊娠判定は血液検査で行うことが多くなっているようです。検査方法によって妊娠判定ができる時期は変わってきます。妊娠結果が陽性でも、妊娠初期はとてもデリケートな時期です。無理はせずに、過ごしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする