胚移植の方法と種類

胚とは受精卵のことを言います。胚を移植するタイミングというのは、子宮内膜の状態や胚の状態によって違ってきます。胚移植方法は、細いチューブに肺をいれ、超音波で確認しながら子宮内にもどします。
移植は採卵と逆の形になります。

分割胚移植という方法は、分割を始め2から3日後の胚を、子宮内に戻す方法です。

胚盤胞移植は、体の外で5から6日間培養します。そして肺盤胞となった状態で移植をします。胚盤胞は着床前の状態なので、妊娠率が高い方法です。しかし、培養しても肺盤胞にならなかった場合には、移植をキャンセルする可能性も高くなります。

2段階肺移植という方法は、分割胚移植と肺盤胞移植を組み合わせた方法です。分割胚と胚盤法を移植するので、着床率が高まるメリットがあります。2段階肺移植を行なうには、移植できる胚が最低でも2つ必要となります。また、1つは肺盤胞に育たないと移植することができません。胚を2個移植することで、多胎妊娠のリスクが高まるということも知っておきましょう。

GIFTは良好な卵子と精子を受精させず、直接卵管に注入する方法です。
ZIFTは卵子と精子を体外受精させてから胚を卵管采から注入します。

胚と言うのは子宮内膜に触れることで、胚を覆っている透明帯がとけ、そこから胚が外に出てくるようになっています。それをハッチングといいます。ハッチングした胚はそのまま子宮に埋もれることで着床となります。着床はハッチングしないとできないことなのですが、透明帯が硬くなっていたり厚くなっている事で、ハッチングしないこともあります。ですから、透明帯に少し穴を開けたり、薄く削るなど、着床率を上げるために行う着床補助操作をアシステイックドハッチングといいます。

肺移植後は激しい運動はさけ、無理のない程度の通常の生活を送ることが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする