カラーヒーリング

妊娠を望んでいるのになかなか妊娠できないと、気持ちが焦ってきたり落ち込んだりしてしまうことがあります。またストレスとなることも考えられます。しかし、ストレスを溜め込むことで女性ホルモンの分泌が悪くなってしまうので、不妊の原因となることもあるようです。ですから、ストレスを解消し溜め込まないことが大切になります。ストレス解消法はいろいろありますが、色を取り入れた解消法もあります。それがカラーヒーリングといいます。色にはそれぞれパワーがあり、うまく利用することで、心のバランスを整えたり、癒し効果を得たり、自己治癒力を高める効果が期待できるようです。

まず、ピンクは妊娠したいと考えているすべての人にオススメのカラーです。女性らしさをアップさせてくれる色で、女性ホルモンの分泌にも影響を与えます。性交に前向きになる効果もあり、排卵期にピンクの下着などを身に着けるのが効果的のようです。ブルーにはリラックス効果があり、体調を回復させてくれる効果があります、。海や空を眺めていると気持ちが落ち着くのはそのためです。オススメは寝る前にブルーを見ることです。グリーンは自己治癒力を高めてくれるカラーです。気持ちを穏やかにしてくれるのでイライラしているときにオススメの色です。パープルは体力回復を促進してくれる色です。体が疲れているときにパープルをみることで回復が早まるといわれています。ベージュはリラックス効果がある色はありますが、おばさんのイメージがあるので、下着にベージュなどをつけるのは注意が必要です。ホワイトは嫌なことも真っ白に忘れてくれる色です。白を身につけることでリフレッシュ効果が期待できます。
緊張感を高める効果もあるようです。ブラックは落ち着く色ではありますが、メインカラーにすると落ち着きすぎてしまうので、ポイント使いにするのがオススメです。オレンジは元気が出て前向きな気持ちになる色です。食欲増進効果があるカラーでもあるので、食欲がないというときにもおすすめです。

そのときに必要なカラーを取り入れて、気持ちをコントロールしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする