不妊症と性別の関係

自然な状態で妊娠できなかったり、妊娠を維持できない状態のことを不妊症といいます。WHOでは、避妊をしていないのに2年以上妊娠できない場合、不妊症であるというように定義されています。日本だと避妊をしないで性交渉を行なった場合、6ヶ月以内で65%、1年以内なら80%、2年以内で90%が妊娠に至るといわれています。そして残り10%が不妊症といわれているのです。

不妊症というとこれまで女性に原因があるものというイメージが強くありました。なかなか妊娠できなかった場合、女性が夫やその家族から不妊が理由で離縁されることもあったようです。不妊治療対象者も圧倒的に女性が多く、女性側の身体的負担、そして精神的負担が大きかったものです。

しかし、最近では不妊の原因は女性だけではなく男性にもありえることがわかってきており、女性も男性も同じような比率で赴任の原因があるといわれているようです。不妊の原因はいろいろありますが、原因があった場合、早期発見、早期治療で妊娠の可能性が高まることにもつながります。しかし、中には原因が特定できない場合もあります。
その場合には、性交渉を排卵日にあわせて行なうタイミング法を適用していくようです。
原因などによって治療法も違ってくるので、もし化したら不妊症かも知れないと思ったら、まずは適切な診断を受けましょう。

不妊症の診断や治療は産婦人科や婦人科で行ないます。しかし、男性はなかなかいきづらい場所でもあります。泌尿器科でも不妊症の診断、治療も行なっていますので、産婦人科に行きにくいという場合には泌尿器科で相談してみるといいでしょう。不妊治療を行なうには、どちらか原因があるほうががんばればいいというわけではありません。場合によっては長期的な場合も考えられますので、夫婦で協力し、支えあって治療を進めていく必要があります。金銭的負担も大きいものなので、夫婦でしっかりと話し合いながら進めていくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする