女性側の不妊症原因とは?

妊娠するには、女性側には排卵し、精子と卵子が受精する必要があります。そして受精卵が卵管から子宮に着床し、そこで初めて妊娠が成立となります。このプロセスのどこかひとつにでも障害がある場合、不妊症の原因となってしまうのです。

不妊症の原因はいくつか考えられます。まずは、内分泌排卵因子です。卵子というのは大脳視床下部、下垂体、卵巣の順番でホルモンが分泌されていて、それによってコントロールされています。しかし、そのどこかでトラブルが発生していた場合、良質な卵子が発育されなかったり、排卵ができず、不妊の原因となってしまうのです。このように卵子に問題が発生している場合、生理にトラブルが起こることが多いようです。無月経や月経異常などが起こり、精子がなかったり、生理が不順になってしまうことが多いようです。そのような症状があった場合には、不妊の原因が内分泌排卵因子である可能性が高くなります。強いストレスや無理なダイエット、そして胃薬や精神安定剤の常用が、内分泌排卵因子の原因とした考えられます。妊娠がわかるといろいろな生活習慣に気をつけるという人も多いのですが、妊娠する前から自分の生活を見直してみることも大切ですね。

また、卵管因子も原因となります。卵管因子とは、卵管の異常で卵子が子宮へと搬送されないトラブルです。卵管は精子と卵子の通り道であり、精子と卵子の受精する場所でもあります。妊娠には卵管は欠かすこともできない器官なのです。ですから、何か卵管閉塞などにトラブルがあることで精子や卵子が通ることができず、受精に至らなくなってしまうのです。卵管が閉塞してしまう原因として考えられることはいろいろありますが、その中でも一番多いといわれているのは、クラミジアです。性病のひとつであるクラミジアに感染し、反復炎症が起こってしまうと、卵管だったり、その周りに癒着が起こり、卵管が閉じてしまうのです。卵管の癒着は受精を妨げるだけではなく、卵巣機能も低下させてしまいます。

そしてもうひとつの原因が子宮因子です。受精卵が着床し、妊娠が成立となる子宮。しかし、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮奇形、子宮内膜ポリープなどが起こっている場合、子宮内に精子が入り込めなかったり、着床がうまくいかないことがあるのです。子宮内だけではなく、子宮頸部にトラブルがある場合にも不妊症となることが考えられます。もしかしてと思ったときには、まずは病院を受診してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする