気になる不妊症治療費は?

不妊症を治療するとなったときに気になるのは治療費ではないでしょうか。不妊症治療の中には保険が適応しないものが多くあるので、高額となってしまうイメージが強いですよね。不妊症の原因は人によって違いもありますし、病院によって費用も変わってくるので、費用にはばらつきがあります。

不妊症の治療の第一段階ともいえるタイミング法。排卵日を特定し、性交渉を行なう方法ですが、このタイミング法は、健康保険の適応が可能です。ですから診察1回分がだいたい3000円程度といわれています。タイミング法では排卵誘発剤を使用することもありますが、自然と排卵を待つ自然周期治療と金額はほとんど変わりはないようです。

もしこのタイミング法で妊娠ができなかった場合、次の段階に進むことになると思いますが、次のステップである人工授精から、保険適応外となってしまい、すべて費用は自己負担となります。病院で金額を決めることができる自由診療なので、病院によって金額にばらつきがあるでしょう。ですから、一概にこうと金額を言うことはむずかしいのですが、1回あたり、5000円から30000円ほどといわれています。

そして、人工授精でも妊娠できない場合、ARTに進む人もいるでしょう。ARTは高度医療に分類される不妊治療になるので、人工授精よりも費用は高くなります。また、ARTでも、精子と卵子を培養液の中で受精させる体外受精と、顕微鏡下で直接卵子に精子を注入する、顕微授精があります。一般的には、体外受精を行い、うまくいかなかった場合、顕微授精に進むことになります。費用は顕微授精のほうが高く、体外受精は30万円ほど、顕微鏡受精は50万円ほどといわれています。病院によって金額が変わってくるので、治療を進めていくときに費用もしっかり相談してみましょう。

不妊治療は段階によって金額がかなり高額になっていきますが、治療を行なっても必ず妊娠できるという保障はありません。妊娠成功率は1回で2から3割と、あまり高くないのが現実です。ただ、最近では各自治体で不妊治療の経済的負担サポートのために助成金制度が設けられているので、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする