不妊症治療の進め方

不妊症といっても、人によって原因はさまざま。ですから治療法も人によって違ってくるのです。原因によっては人工授精や体外受精から行なうという場合もありますが、一般的には、ステップアップ方式が採用されるでしょう。

不妊症を疑い、まず受診をしたあとには、原因を調べながら、タイミング法を行なっていきます。排卵のタイミングにあわせて性交渉を行なうという治療法で、自然妊娠に最も近い形です。基礎体温を測ったり、超音波検査、頸管粘液のチェックなどで排卵日を特定して、どのタイミングで性交渉を行なえばいいのかを医師からアドバイスされます。6ヶ月ほどタイミング法を指導されることが多いようです。受診するときに2ヶ月か3か月分の基礎体温表を持参すると、検査やタイミング法の指導に役立つことが多いので、もし基礎体温をつけている場合は、病院に受診しましょう。

タイミング法でも妊娠ができない場合には、少しステップアップし、排卵誘発剤を使用しながらタイミング法を行なっていくことになります。排卵誘発剤を使用しても妊娠に至らない場合、子宮に精子を直接注入する、人工授精にステップアップします。月経開始数日後からホルモン剤を注射し、卵胞を直径20ミリほどまで育てます。そこで排卵誘発剤を使用することで、複数の排卵が起こるのです。そこに精子を子宮に注射器で注入し、自然に受精するのを待ちます。この人工受精はタイミング法よりも成功率が高いのですが、10回を越えてくると妊娠率が低下してしまいます。ですから、10回程度の人工授精で妊娠できない場合、ARTという生殖補助医療技術にステップアップするのです。

ARTは培養液の中で受精させる体外受精と、顕微鏡下で卵子に精子を直接注入する顕微授精があり、まずは体外受精を行い、その後顕微授精にステップアップすることが多いようです。タイミング法は保険が適応可能ですが、その後の人工授精からは保険適応外の治療となります。費用もステップアップとともに高額になってきますので、医師や家族と相談しながら進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする