不妊治療の助成金について

妊娠したいと望んでいてもなかなか妊娠できない不妊。それを治療してくれる不妊治療ですが、不妊治療のほとんどは健康保険が適応されないため、全額自己負担となってしまいます。不妊治療の第1段階でもあるタイミング法は保険の適応になりますが、それ以外となると、ほとんどの治療が保険適応外なのです。不妊治療の費用は自由診療で美容院で金額を決めることができます、ですから、病院によって違いがあるので、これ!と特定はできませんが、人工授精だと1万円から5万円ほど、体外受精なら20万円から30万円ほど。そして顕微授精だと40万から50万円かかってしまうといわれています。また、1回の成功率が高いわけでもないので、長期にわたって不妊治療を行なうことで、金銭的に大きな負担がかかってしまいます。妊娠を望んでいても経済的な理由で不妊治療をあきらめる夫婦もいるのです。

そこで知っておいてほしいのが助成金制度です。不妊治療を受ける夫婦の経済的負担を軽くするために導入されています。金額は自治体によって違いがあるのですが、1回に10万円程度を年に2回くらいまで給付してくれるという場合が多いようです。東京都の場合だと、体外受精または、顕微授精を行なった場合、1回の治療に対して15万円を上限とした給付。そして、初年度は3回まで、2年目以降は2回を限度として5年間合計で10回の申請が可能となります。この助成金を利用することで、負担は少し軽減されるでしょう。ただ。年収制限などもあるので、助成を受けられない場合もあります。不妊治療を行なっている、またはこれから行なうことを検討中である場合には、都道府県の役所に問い合わせてみるといいでしょう。

不妊治療は身体的負担や精神的負担も大きいもの。それに経済的負担がかかってくるので、本当に大変なことです。助成金を利用して少しでも負担が少なく不妊治療ができ、妊娠へとつなげることができるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする