不妊とアルコールの影響について

不妊で悩んでいる人は、まず不妊の原因について調べることでしょう。不妊について考えていると、アルコールも影響するのではないか?と思う女性もいるようです。実際に、不妊にアルコールは影響するものなのでしょうか。

確かに、アルコールが不妊に影響するという説があります。アルコールは適量であれば血行促進効果が期待できますので、健康に良いとも言われています。しかし、大量に飲むことで、受胎能力が低下してしまうようなのです。もちろん、全く妊娠できなくなるというわけではありませんが、受胎能力が低下すると言う事は、それだけ妊娠できる可能性が低くなるという事なのです。なので、なかなか妊娠出来ないと感じているのなら、アルコールの摂取量を抑えることが大切でしょう。

では、なぜアルコールが不妊に影響するのかと言うと、アルコールを摂取することで、体内ではアセトアルデヒドという有害物質に変化するのです。この有害物質によって、体が不妊に傾くようないくつかのトラブルを引き起こすと言われています。たとえば、卵胞が形成されることの妨げになったり、質を低下させてしまう事があるのです。

不妊だけでなく、生理不順、流産などの原因になるとも言われていますので、女性にとっては恐ろしいものかもしれません。もちろん、必ずしも不妊の原因になるわけではありませんが、このように良くないという説が存在するのなら、できるだけ控えた方が良いでしょう。

ただ、アルコールが好きな人は、摂取量を減らすことがストレスに繋がる事もあるはずです。ストレスを溜め込むと、結局ホルモンバランスが乱れて妊娠しづらくなってしまう為、どうしてもストレスになるのなら、適量を摂取するように心がけた方が良いでしょう。また、徐々に摂取量を減らしたり、別のストレス解消法を見つけることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする