不妊症が遺伝する可能性について

不妊症になってしまった場合、もしかすると遺伝なのでは?と心配する女性もいるでしょう。体質は親御さんと似ることも多いですから、あまりにも妊娠できない状態が続くと、原因として遺伝を考えるかもしれません。

不妊症が遺伝する可能性はゼロでは無いのですが、女性の場合はその可能性は低いと言われています。不妊症の原因はいくつか考えられますが、生活習慣が大きく関係しているものなのです。なので、生活習慣を改善するだけで妊娠しやすい体内環境を作ることもできるでしょう。遺伝という可能性はゼロではありませんが、その可能性が低いのなら、まずは自分で出来ること、生活習慣の見直しなどを心がける事が大切です。

また、不妊は女性だけが原因とは限りません。男性側が原因の可能性もあるのです。男性の場合、精子の性能については遺伝する可能性もあります。遺伝する可能性はそう高くは無いのですが、その可能性はゼロではありませんので、女性側が原因では無いという可能性についても把握しておきましょう。

不妊というのは、遺伝のせいにしてしまうと、自分で生活習慣の見直しなどの努力をしない人も出てくるかもしれません。やはり、最初から遺伝の可能性を考えるのではなく、別の要因は無いのか、きちんと考えて、出来ることを努力することが大切でしょう。また、ストレスを溜め込むのも良くありませんので、一人で抱え込むのではなく、きちんとご主人と話し合い、お互いに励まし合うという心のケアも大切でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする