不妊症の意味について把握しよう

不妊症というのは、どういった意味なのでしょうか。実際の所、不妊症というのはどういったことを指すのかよく理解していない人もいるでしょう。特に男性の場合は、不妊に対してまだまだ分からない部分があるのではないかと思いますが、もしパートナーが不妊症で悩んでいるのなら、まずはその意味についてしっかりと把握しておくことが大切でしょう。

不妊症というのは、子供が欲しいと思っていても妊娠できない状態を指します。不妊症というのは、絶対に妊娠できない状態である事だけを指すのではなく、自然妊娠する確率が低い状態でも不妊症と呼ばれるのです。

場合によっては、病気などによって妊娠出来ない状態にある人もいます。その場合も当然不妊症だと言えるのですが、これには必ず理由があります。その理由を取り除く事により、妊娠できる可能性はありますので、絶対に妊娠できないというわけではありません。その点は望みがありますので、男性も女性も諦める必要はありません。

一般的に、性生活を通常に送っていれば、結婚してから1年以内に妊娠する確率が9割だと言われています。2年以内になると10割と言われていますので、もし避妊をせず性生活も行っているにも関わらず、全然妊娠しないのであれば不妊症の可能性があります。何年経てば不妊と言い切れるわけではありませんが、大体の目安は2年と言われていますので、妊娠できる環境なのにも関わらず2年間以上妊娠できない状態が続いているのであれば、不妊症だと診断される可能性があります。

ただ、先ほども述べたように、不妊症には必ず原因があります。原因は男性にある場合もあれば、女性にある場合もあるのです。不妊というと、女性が一方的に問題だと考えられる傾向にあるかもしれませんが、そのような事はありません。男性側に原因があるかもしれませんので、夫婦できちんと相談していくことが大切でしょう。

いずれにしても、夫婦で不妊症の意味についてきちんと理解し、どうすれば不妊症を改善することが出来るのか考えてみて下さい。結局、一人で悩んでしまうとそれがストレスとなって妊娠しづらくなる場合もあります。一人で婦人科に足を運ぶのも辛いでしょうから、最初は夫婦で足を運んで、一緒に医師の説明を聞くと良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする