不妊症は一年を目処に考えた方が良いのか?

妊娠したいと考えてから、しばらく妊娠できない状態が続いた時、不妊の可能性について考える方も多いでしょう。もし、一年経っても妊娠できないという場合には不妊症と考えた方が良いのか?と思う人もいるようですが、一年というのは一つの目安になるでしょう。

どのような過ごし方をしてきたかにもよりますが、避妊をせずに性交を続けた場合、1年経った時には約8割の人が妊娠すると言われているのです。もし同じように過ごして、一年経っても妊娠できないという場合には、不妊症の可能性について考えた方が良いかもしれません。

ただ、一年経っても妊娠出来ないという人は2割は存在するわけです。もちろん、絶対に妊娠できないというわけでは無く、普通の人に比べると妊娠しづらいというだけです。なかなか婦人科で治療を受ける方法を選択できない人もいるでしょうが、婦人科に足を運ぶことで、自分の妊娠できない原因であったり、妊娠しやすい環境作りなどのアドバイスなども受けられます。その方が、少しでも早く妊娠できる確率が高まりますので、じっくりと検討してみましょう。

また、一年では無く、二年経っても妊娠できないようであれば、婦人科を受診した方が良いかもしれません。一般的に、二年後には9割の人が妊娠するとも言われていますので、その段階で妊娠できないというのであれば、何か他の原因があるかもしれません。こういった事も頭に入れながら、パートナーとよく相談して決めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする