不妊で体外受精によって受精卵を移植した場合

不妊で悩んでいる場合、体外受精という方法で妊娠出来る可能性を高めることが出来ます。実際に、体外受精によって妊娠した人は多いですから、何年間も不妊で悩んでいる人、どうしてもすぐに妊娠したいという人は検討してみると良いかもしれません。

では、不妊で体外受精によって受精卵を移植した場合はどうなるのでしょうか。体外受精というのは、体外によって精子と卵子を受精させ、受精卵となったものを子宮の中に移植するという方法になります。本来なら体内で精子と卵子が受精するのですが、それが難しい場合は体外で人工的に授精させるという手段もあるのです。不妊治療の一つの方法として確立されていますので安心して下さい。

体外受精という手段が考えられるのは、たとえば卵管に異常が見られる場合、子宮内膜症によって妊娠しづらい場合、男性の要因によって妊娠しづらい場合などがあります。不妊というのは原因が特定しづらい部分もありますが、原因が不明で妊娠出来ない場合にも、体外受精が用いられることがあります。

ただ、体外受精をしたからと言って、必ずしも妊娠出来るわけではありません。1回体外受精したとしても、妊娠できる確率は多くて50%未満なのです。また、どうしても体外受精の費用が掛かることになりますので、充分に理解した上で、きちんと話し合って決めましょう。残念ながら健康保険の適用外となってしまいますし、何回も体外受精をする場合には、その分費用がかさむ事になります。体外受精というのはあくまで不妊治療の一つの方法であり、その他の方法もありますのできちんと検討してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする